女性

B型肝炎にお困りなら給付金に頼る|一刻も早く改善しよう

国から補償金が出る病気

説明

予防接種と母子感染が対象

B型肝炎というのは全身の倦怠感や食欲不振や吐き気などの症状があり、放置しておくと肝硬変や肝臓がんになる可能性があります。B型肝炎の人は国からの給付金がもらえる場合があるので、きちんと調べる必要があります。給付金をもらえる対象は昭和16年7月2日から昭和63年1月27日の間に生まれた人で、7歳までに予防接種を受けたことのある人です。なぜこのように限定されているかというと、この期間の予防接種では注射器を使い回していたのです。そのためにB型肝炎の感染が広がったため、国の責任ということで給付金を出しているわけです。またB型肝炎は母乳からも感染するので、上記の条件を満たしている母親から感染した人にも給付金は支払われるのです。

不明な時は弁護士に依頼

給付金の金額ですが、肝臓がんや重度の肝硬変にかかっている場合は3600万円が支給されます。軽度の肝硬変は2500万円、慢性肝炎は1250万円、症状が出ていないキャリアの場合は600万円です。気をつけたいのは発症から20年の間に請求しないと給付金の額が減ってしまいます。高齢者などで疑わしい人は、最寄りの弁護士事務所に相談をすると請求を代行してもらえます。調査や細かな手続きなどをやってくれるので、高齢者などには便利です。弁護士に依頼すると手数料が発生しますが、B型肝炎の給付金請求の場合は国が弁護士費用の一定額を払ってくれるので、安心して依頼することができます。どの弁護士に依頼しても給付金の額は同じですが、手数料などが違ってきます。良心的な弁護士事務所なら安心です。

結婚生活の困ったこと

悩む人たち

結婚に絡んで困ってしまったケースとしては、不倫が一番に挙げられます。不倫されてしまった妻や夫だけでなく、巻き込まれてしまった形の不倫相手も慰謝料を請求されて大変な思いをするので、弁護士に必ず相談しましょう。

もっと読む

車の事故は専門家に頼む

車

交通事故に遭遇して示談をするという場合は、保険会社との契約で弁護士に依頼するというプランもありますので検討しましょう。相手が過失を認めない場合には多いに頼ることができます。

もっと読む

合ったプランがある

女の人

税理士を利用したいと考えていても、予算のことを考えるとどうしても一歩踏み出せないという人もいるでしょう。大阪ではいろんな事務所があるので、きっとその人やその企業に合ったプランを提示してくれます。

もっと読む